看護師

尿漏れになったら即病院へ!治療で悩みスッキリ解決

予防医療まで展開

ドクター

健康体を意識するビジネスマンが多い新宿エリアでは、ニーズにあわせた診療を行い、処方から健康を意識できる指導にまであたる泌尿器科クリニックが展開されています。ED治療に関してもナチュラル処方なども近年、注目されている内容です。

View Detail

口コミサイトの活用

困る

埼玉県内で泌尿器科に掛かる必要がある諸症状に悩んでいるのなら、まずはインターネット上の口コミサイトを活用するといいでしょう。通院にあたってはアクセスが良く、時間の都合が付きやすい泌尿器科を探すに越したことはありませんが、その上で評判が良い病院やクリニックを見つけやすくなります。

View Detail

尿漏れにご注意

お花

年配や高齢者の方に起こる問題としてあるのが尿失禁です。この尿失禁一つ言っても複数の種類が含まれています。腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁があり、それぞれで対策の行い方は変わってくると言えます。

View Detail

尿意がないのに

お尻

膀胱が勝手に活動

勝手に膀胱が収縮してしまって我慢ができなくなり、自分の意思に反して尿漏れを起こしてしまったり膀胱にたまったおしっこが排尿をするときに最後まで出ず、膀胱に大量の尿が残ってしまいすぐにおしっこに行きたくなってしまう、あるいは膀胱そのものが小さくなってすぐにおしっこがたまってしまう症状が、過活動膀胱です。尿意に切迫感があったり、日中に頻繁にトイレに行ってしまったり、夜中に何度もトイレに行ったり、意思に反して尿漏れが起きてしまいます。過活動膀胱は膀胱が勝手に動いている状態です。脳と膀胱の間の伝達機能が働かず、この過活動膀胱は引き起こされていきます。突然に我慢ができないくらいの尿意を感じたら、過活動膀胱を疑って病院へ行くことが大切になってきます。

過活動膀胱を抑える薬

本人の意思に関係なく膀胱の筋肉を収縮させて尿漏れを起こさせてしまうのは、アセチルコリンという神経伝達物質の働きによるものです。ですから過活動膀胱の治療には、この物質の働きを抑えて膀胱の動きを抑える薬物を使用して治療を行っていきます。この薬物は抗コリン薬と呼ばれていて、どのようなタイプの過活動膀胱に対しても有効に働くようになっています。副作用がほとんどない薬も開発されていて、以前の薬物より安全で安心な薬物治療が行われています。これで尿漏れの不安から解放されることになります。尿漏れで困っている人がいれば、現在は上記のような有効な薬が多くありますので、恥ずかしがらずに治療を行っていってください。過活動膀胱は必ず完治する病気です。