看護師

尿漏れになったら即病院へ!治療で悩みスッキリ解決

尿漏れにご注意

お花

尿漏れに気づいたら

年齢を重ねると尿漏れが起こりやすくなります。尿漏れと一言で言っても、腹圧をかけただけで尿漏れを起こしてしまう腹圧性尿失禁、急な尿意でトイレに間に合わずに漏らしてしまう切迫性尿失禁、尿が出したいのに出せない溢流性尿失禁などがあります。尿失禁は日常生活の視点からも社会生活の視点からも生活に支障をきたしてしまいます。そのため原因ごとに対策を知る必要があります。腹圧性尿失禁はくしゃみなどで膀胱が圧迫され起こるものです。そのため対策としては、お腹に力を入れないことで対処可能です。切迫性尿失禁は、原因はまだはっきりしていませんが対策は可能です。尿失禁してはまずい状況の前に排尿する習慣をつけることです。パットを入れておくとある程度の尿なら対応できます。溢流性尿失禁は前立腺肥大のような原疾患があります。そちらを治療する事が対策になります。

尿漏れ人口はどうなるか

日本の高齢者の人口は平均寿命の延長、医療技術の発展などにより、今後も増えていくと言われています。尿漏れは排泄にかかわる神経、筋肉、臓器の異常に起因しています。そのため尿漏れ対策を迫られる高齢者は確実に増えることが予想されます。尿漏れを起こしやすいのは高齢者だけではありません。女性は比較的尿漏れを起こしやすいのです。女性は男性に比べ尿道が短く腹圧がかかると男性に比べて簡単に尿失禁してしまいます。現在女性の社会進出がどんどん進んでいます。政府も法整備を行いこれを推奨しています。このような社会情勢は間接的に尿漏れに困る女性を増やしてしまう事になります。このように考えると尿失禁は身近にある疾患であるといえます。